GoPro + ゴリラポッド = 最強

汎用性が非常に高いことで有名なJOBYの超有能三脚ゴリラポッド。

見た目こそ怪しいものの一度使えば、その便利さにやみつきになること間違いなしです。

最強のアクションカメラGoProを持っている方には是非、最強の三脚ゴリラポッドを使ってみてほしい!

でもゴリラポッドにGoProって使えるの?、そう思われた方も居ると思います。

そこで今回は、GoProとゴリラポッドについて紹介したいと思います。

既にゴリラポッドを持っている人は、トライポッドマウントを買い足すだけでGoProも使うことができますよ!

この記事でわかる事
  • GoPro専用のゴリラポッドはあるのか?
  • GoPro用ゴリラポッドの選び方とおすすめのゴリラポッド
  • ゴリラポッドにGoProを取り付けるのに必要なアイテム

GoPro専用のゴリラポッドってあるの?

GoPro専用(アクションカメラ専用)ゴリラポッドはあります。

その名も「ゴリラポッド アクショントライポッド&GoPro用マウント」です。

アクションカメラ&GoPro専用ゴリラポッドの大きな特徴は3つあります。

特徴1 水平器

専用ゴリラポッドには水準器が付いています。

水準器は、地面に対して水平になっているか確認するための道具です。

水準器が付いているので水平合わせが簡単にできます!

ローアングルのスケボー映像を撮ったりするのも楽しいかもしれませんね。

特徴2 自由雲台

自由雲台が付いているので、360度首がまわり色々な角度から撮影可能です!

特徴3 別途トライポッドマウントの購入不要!

オリジナル(通常)のゴリラポッドは別途トライポッドマウントというアイテムが必要になりますが、GoPro用のマウントが付属になっているので追加で購入する必要がありません。

ゴリラポッド アクショントライポッド&GoPro用マウントを買うだけで、GoProやSONYのアクションカムをマウントできます。

MEMO
トライポッドマウントについてはGoProを三脚に取り付ける必須アイテム「トライポッドマウント」で説明しています

失敗しない!GoPro用ゴリラポッドの条件とおすすめのゴリラポッド

JOBY ゴリラポッドはデジタル一眼レフ向け、ミラーレスカメラ向け、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)向けなど様々なラインナップがありますが、GoProをマウントする場合はどれが良いのでしょうか?

2つの条件を考慮した上で、これ買っておけば間違いないというゴリラポッドを紹介します!

ゴリラポッドを選ぶ条件

条件1 ゴリラポッドの重量(耐荷重)

軽いもの向けの325(325gまで耐えられる)を始め、順に500、1K、3K、重いもの向けの5K(5kgまで耐えられる)まで多岐にわたって展開されています。

勿論、3Kや5Kの様に数字が大きいゴリラポッドの方が耐久性に優れています。

しかし、耐久性に伴って重さや大きさも大きくなっていきます。

3Kや5Kのゴリラポッドは耐久性に優れているものの、かさばり重くなってしまうので、持ち運びが面倒になり使わなくなってしまう恐れがあります。

しかも、GoProは超軽量なので耐久性よりも携帯性の方が重要です。

HERO5 Black以降で最も重いHERO5 Blackで最もメジャーな外部マイク(RODE VideoMic)を使うと仮定して、総重量を計算してみたいと思います。

HERO5 Black 93g + バッテリー 24g + MicroSDXC 0.4g + 標準ハウジング 26g + マイクアダプター 68g + 外部マイク 42g = 271.4g

総重量が271.4gなのでゴリラポッド325がピッタリで、3Kや5Kだとオーバースペック過ぎることがわかっていただけたかと思います。

また後ほど説明しますが、外部マイクすら使う予定がない人はゴリラポッド325、重めの外部マイクを使用する人やGoPro以外のミラーレスカメラ等も使いたい人はゴリラポッド1Kがおすすめです。

条件2 マグネットの有無

JOBY ゴリラポッドは、マグネット有りモデルとマグネット無しモデルがあります。

マグネット有りだと、グルグルに巻き付けずに取り付けられる場所も有るんですが、そのかわり使用が望ましくない場所もあります。

磁気は機械に良くないので、パソコン周りやテレビ周りを避けるなど、使用場所や保管場所も考えなければなりません。

こればっかりはあなたの用途にあわせて選べばいいと思いますが、僕はマグネット無しで十分だと思います。

しかもマグネット無しの方が安いしね!

GoProにおすすめのゴリラポッド

以上の条件を踏まえ、GoProユーザーが買っておいて間違いないゴリラポッドは以下の5つです。

おすすめのゴリラポッドと、どんな人におすすめなのかも紹介します。

公式サイトには書いてない、実際にゴリラポッドを使用したユーザーのレビューが数多くアップされているので、Amazonで下調べしてから買えば、「え?思ってたのと違うんだけど!」が防げます!

JOBY ゴリラポッド 325

created by Rinker
JOBY
¥1,600 (2019/11/17 14:06:55時点 Amazon調べ-詳細)
こんな人におすすめ!
  • コスパ重視の人
  • 手軽さや携帯性重視の人
  • 自撮り棒に抵抗がある人
2000円出しておつりがかえってきます。

GoProのような超軽量のカメラを取り付ける場合は、このゴリラポッドで十分です。

付属のクイックシューを使えば、カメラをゴリラポッドに一瞬で取り付けられるのでめっちゃ便利です!

JOBY ゴリラポッド 325 マグネット付き

created by Rinker
JOBY
¥3,980 (2019/11/17 14:06:56時点 Amazon調べ-詳細)
こんな人におすすめ!
  • 超手軽に取り付けたい人
  • 定点のタイムラプスを撮る人
  • 地下や屋上での撮影がメインの人
脚がマグネットになって、より様々な場所に取り付けられるようになりました。

マグネットが超強力なので、場所によっては3本脚ともつけちゃうと取るのに苦戦することが多々ありますので、そこはご注意ください。

マグネットは機械に良くないので、そのへんもどうなのかなぁと少し気になってしまいます。

僕個人的に、マグネットなしのゴリラポッドでもいろいろな場所に取り付けられるので、マグネットはそこまで必要じゃないかなぁ、と思います。

JOBY ゴリラポッド 325 マグネット&ビデオ雲台付き

created by Rinker
JOBY
¥3,980 (2019/11/17 14:06:56時点 Amazon調べ-詳細)
こんな人におすすめ!
  • 動きがある映像をブレが少なく撮りたい人
  • 複数人で撮影する人
  • まだ何を撮ろうか決めてない人
GoProで鳥や動きのあるスポーツ(マラソン等)を撮りたいと思っている人は、ビデオ雲台付きのゴリラポッドが最適です。

ビデオ雲台付きなので、滑らかでブレの少ない映像を気軽に撮ることができます。

ゴリラポッドの「取り付ける場所を選ばない」良さは勿論のこと、動きを追って撮影することができるなんて最高じゃん…

まだ何を撮ろうか決めてない人は、マグネット&ビデオ雲台付きゴリラポッドを買っておけば、後から動きのあるものを撮りたい!と思った時に新しくビデオ雲台付きの三脚を買わなくて済むのでおすすめです!

JOBY ゴリラポッド 1K

created by Rinker
JOBY
¥5,862 (2019/11/17 13:24:41時点 Amazon調べ-詳細)
こんな人におすすめ!
  • 重めの外部マイクを使う予定の人
  • GoProだけでなく、ミラーレス一眼やコンデジにも使いたい人
  • 1回買って数年間使う予定の人
「GoPro専用のゴリラポッドなんて買ってらんない!」・「重めのガチな外部マイクを使う予定なんだけど。」・「ミラーレス一眼も取り付けられると嬉しい!」そんな方々はこれ一択です。

1K = 1kgまで耐えられるので、GoProに結構重めの外部マイクを使う事やミラーレス一眼を取り付けることもできます。

GoProやSONYのアクションカメラのような超軽量のカメラ以外にも使えるので、GoPro専用で買うのは勿体無いという方はこれを買っておけば間違いありません!

JOBY ゴリラポッド アクションカメラ

こんな人におすすめ!
  • 水平で撮影したい人
  • GoProを簡単に取り付けたい人
  • 専用に作られたものが欲しい人
GoPro・アクションカメラ専用と言っても、実はデジカメも取り付けることができます。

スマートフォンホルダーを使えば、スマホも取り付けられます!https://amzn.to/2OoD8Mw

GoProを三脚に取り付ける必須アイテム「トライポッドマウント」

アクションカメラ専用ゴリラポッド以外のゴリラポッドは、それだけでGoProを取り付けることができますが、他のゴリラポッドはトライポッドマウントと言われるものが必要になります。

手持ちの三脚を見ていただければ分かると思いますが、カメラを取り付ける部分はネジのような形状になってますよね。

そのままではGoProを取り付けることができません。

トライポッドマウントを取り付けることで、GoProを三脚に取り付けられるようになります。

既にゴリラポッドを持っている方は、トライポッドマウントを買うだけでGoProが取り付けられるようになります!

純正品と互換品のトライポッドを見つけたので紹介します。

アクションカメラ専用以外のゴリラポッドを購入する方は、あわせて購入しておきましょう。

純正品

GoPro トライポッドマウントセット(Ver.2.0)

created by Rinker
GoPro(ゴープロ)
¥2,283 (2019/11/17 14:06:57時点 Amazon調べ-詳細)
付け替えが簡単にできるクイック レリーズ トライポッド マウントと

GoProをゴリラポッドに取り付けるためのトライポッドマウントと

ちょっとした自撮り棒にもなる持ち運び便利なミニ三脚の3点セットです。

純正品の安心感は勿論のこと、ミニ三脚までゲットできるのは嬉しいですね!

互換品(サードパーティー製)

Smatree アルミ三脚マウントアダプタ

created by Rinker
Smatree
¥999 (2019/11/17 14:06:57時点 Amazon調べ-詳細)
GoProやDJIの互換品を数多く作っているメーカーで有名なSmatreeの三脚マウントアダプタ。

GoPro純正のトライポッドマウント同様、ゴリラポッドやカメラの三脚にこれを取り付けるとGoProを取り付けられます。

Manfrotto カメラ用三脚アダプター

created by Rinker
マンフロット
¥742 (2019/11/17 14:06:58時点 Amazon調べ-詳細)
Manfrottoが出している製品なだけあって、Amazonのレビューが☆4.5とかなり高評価。

Manfrottoのミニ三脚やゴリラポッドにGoProをマウントする際活躍してくれます!

安定のManfrotto製品なのに、かなり安い値段なので、学生の財布に優しいアイテム。

WCAS トライポッドアダプタ

created by Rinker
WCAS
¥398 (2019/11/17 14:06:59時点 Amazon調べ-詳細)
Amazonのレビューを見てみると、☆5で「三脚類を使うなら買って損は無いよ!」と言っている人もいれば、☆1で「ネジをキツく締めても、カメラを固定できない…」と言っている方も居ます。

トライポッドマウントとしての役割は果たしてくれますが、この手の格安互換品は製品の品質にバラつきがあるので、買ったとしてもハズレを引いてしまう場合が多いです。

とにかくやすさ重視!という人には良いかもしれませんが、それ以外の人は純正品かSmatreeかManfrottoの商品を買うほうが無難です。

まとめ

アクションカメラを持っている人こそ使って欲しいアイテムがゴリラポッドです。

足場が悪く三脚を立てられない場所でも、手すりや柱さえあれば取り付けられるゴリラポッドは、GoProを最大限活かすのに持っておきたいアイテムの一つです。

スポーツをする人のみならず、夜景や鳥を撮る人にもゴリラポッドは活躍してくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA