【パターン別】格安SIMに向いてる人と向いてない人

この記事でわかる事
  • 格安SIMに向いてる人
  • 格安SIMに向いてない人(大手キャリアに向いてる人)
  • 格安SIMに向いてない人が格安SIMを利用するための解決策

もっちゃん

格安SIMはどんな人にでも向いてるってどっかのサイトで見たけど…
それは大嘘だね!多くの人に向いてるのは間違いないけど、中には向いてない人もいるよ

マサフジ

やほー!向いてると言うよりは剥けてるマサフジ()です。

僕自身格安SIMユーザーで料金の安さに大満足しているので、これを読んでくださってる方全員におすすめしたいんですが、格安SIMに向いてない人がいるのも事実です。

少しですが、格安SIMに向いてない人でも格安SIMを利用できるようにする方法もあるのであわせて紹介します。

この記事では、格安SIMに向いてる人と向いてない人を解説しているので、自分が格安SIMに適しているかどうかの判断材料にしていただけると幸いです。

格安SIMに向いてる人

格安SIMがどんな人に向いてるのかを理由を含め解説します。

クリックできるよ!

上記の人は格安SIMに向いています。

とにかく月額料金を安くしたい人

格安SIM最大のメリットが「月額料金の安さ」です。

大手キャリアで月7000円程度払っていたスマホ代が、格安SIMに乗り換えれば2000円程度で済みます。

格安SIMの使い勝手は大手キャリアとほとんど変わりないので、「少しでもスマホ代を安くしたいな」と思っている方に最適!

自宅や職場にWi-Fi環境がある人

最近になってWi-Fiを完備している会社やお店が増えました。

そのため、通勤中以外はWi-Fi環境が身近にある人も多いと思います。

Wi-Fi環境下ではパケット通信を消費しないので、月に数十GBものデータ通信が使いきれずに余ってませんか?

月50GB程度の莫大なデータ通信量を使う人は大手キャリアのほうがお得な場合が多いですが、15GB以下の人は格安SIMが断然お得です。

格安SIMは月々消費するデータ通信量が少なければ少ないほど割安で、1GB刻みで細かくプランを選べるMVNOも多く存在します。

自分にピッタリのプランを選べば、より高い節約効果が期待できます。

主にLINEの無料通話で電話する人

LINEの無料通話は電話回線ではなく、4G LTEなどのモバイル回線やWi-Fiなどのインターネットを経由して行われています。

格安SIMの基本料金にかけ放題は入っておらず、20円/30秒のように従量課金なので、通話時間が短いほどお得です。

LINEの無料通話で電話を済ましてしまう人やほとんど電話しないという人は格安SIMが向いてると言えます。

データ通信の速度と品質に特別なこだわりがない人

データ通信の速度や品質に特別なこだわりがない人ならば格安SIMでも十分快適に感じます。

どうしても格安SIMは仕組み上、大手キャリアに比べると通信速度は低下します。(特に、利用者が多いお昼時)

ですが、格安SIMも4G LTEなので十分実用的な速度です。

高齢者 / 子供

「え!こんな小さい子がスマホ使ってるの?」と度々驚かされますが、最近は子供から高齢者まで実に様々な人がスマホを使いこなしてますよね。

通話機能が備わってるLTE対応タブレットに格安SIMをさせば電話もできますし、文字がスマホに比べ大きく読みやすいので高齢者に最適です。

馬鹿にしているわけではありませんが、格安SIMと大手キャリアの通信速度の違いに不満を言う子供は居ないと思います。

家で動画・ゲーム専用にスマホを与える人、外出先で何かに巻き込まれたときに通報できるように持たせる人など、子供にスマホを持たせる理由は様々だと思いますが、子供には格安SIMでも十分すぎるくらい快適です。

格安SIMは電話が使えないプラン(電話が使えるプランよりも月額700円前後安い)もあるので「電話はいたずらされると困るから使えなくしたい」という親御さんにもおすすめできます。

初めてスマホを持つ人

大手キャリアの人が格安SIMに乗り換えない理由の1つに「面倒だから」という理由があります。

それだけの理由で格安SIMに乗り換えないのは非常に勿体無いですが、キャリアメールで色々なメルマガに登録していた場合、新しいメールアドレスに登録を変更するのは確かに面倒です。

最初から格安SIMでスマホデビューすれば、そのような煩わしい作業をしないで済む上、最低利用期間が短いので不満があっても他の格安SIMにすぐ乗り換えることもできます。

2台持ちの人(2台持ちを検討できる人)

仕事柄取引先やお客さんによく電話してる人や仕事用とプライベート用で使い分けたい人は2台持ちなんてどうでしょう?

2台持ちは主に以下の3種類あります。

  • 電話用1台 + データ通信用1台 (電話番号でよく電話する人等)
  • 仕事用1台 + プライベート用1台 (仕事とプライベートで電話番号やLINEを使い分けたい人等)
  • メイン1台 + ゲーム専用1台 (ゲーム好きな人・アカウントを複数作りたい人等)

2台持ちする理由は様々ですが、役割分担して片方を格安SIM(または両方格安SIM)にすれば快適かつ大幅な節約が実現可能です。

電波の状況によってはメールの返信ができなかったり、電話が途切れてしまうときもあります。

そんなとき、1台目のスマホの通信会社とは別のサブ回線があると便利です。

例えば、メインのスマホがdocomo回線だった場合、サブのスマホをau回線の格安SIMにすれば、docomoの回線に不具合が生じた時にサブ機で迅速な対応が可能になります!

格安SIMに向いてない人

多くの人に向いてる格安SIMですが、使い方や人によっては逆に損してしまったり、使い勝手が悪くストレスになる場合もあります。

クリックできるよ!

上記の人たちは基本的に大手キャリアの方が向いています。

…ですが!場合によっては解決策があるのであわせて紹介します。

「格安SIMはムリそうだな…」と諦めていた人も格安SIMに挑戦できるかもしれませんよ!

月額料金が高くてもノーダメージの人

格安SIMはお昼時に通信速度が低下したり、キャリアメールが使えなくなります。

格安SIMは多くの人にとってそれほど大きな問題はありませんが、大手キャリアの方が快適なのは間違いないので、超がつくほどお金に余裕がある人は間違いなく大手キャリアの方が向いています。

データ通信の速度と品質にこだわりがある人(トレーダー・eスポーツ選手等)

株やFXをやってるデイトレーダーやeスポーツ選手などは安定した高速回線が命。

コンマ1秒の世界で戦いを繰り広げる人には格安SIMよりも大手キャリアがおすすめです。

少しのラグ(遅延)がライバルに差がついてしまう場合もありますし。

基本的に4G LTEよりも高速なWi-Fiや有線環境下でしか株やゲームをやらない場合は、格安SIMでも大丈夫!

格安SIMで浮いたお金をツール代やゲーム内アイテムに課金すれば、よりハイレベルな戦いが狙えます。

常に最新機種を使いたい人

大手キャリアはハイスペックな最新機種が月額割引やキャッシュバックなどのキャンペーンで半額以下で購入できる場合もありますが、格安SIMで最新機種を使う場合は基本的に定価で購入する必要があります。

大手キャリアは月額料金こそ高いものの、スマホ本体価格を実質的に安くしているので、常にハイスペックな最新機種を使っていたい人は大手キャリアの方が向いています。(プラン内容や契約期間によっては格安SIMの方がトータルで割安になる場合も)

「今使ってるスマホをそのまま使う人」「旧機種のスマホを買う人」「中古でスマホを買う人」「格安スマホで格安SIMを利用する人」などスマホ本体にかかる費用をおさえられる人は格安SIMで大幅な節約ができます!

ちなみに僕は最新機種がiPhoneXsの2018年11月に型落ちのiPhone7(128GB)をApple Storeで購入して使っていますが、Apple PayでモバイルSuicaも快適に使えるので特に不満な点はありません。

何が何でもキャリアメールを使いたい人

他社へ乗り換えると以前使用していたキャリアメールが使えなくなります。

キャリアメールとは
キャリアが提供しているメールサービスのこと。
docomoの「~@docomo.ne.jp」、auの「~@ezweb.ne.jp」、SoftBankの「~@softbank.ne.jp」等がキャリアメールです。

格安SIMに乗り換える前にキャリアメールで登録していたメルマガなどをGmailYahoo!メールなどのフリーメールに変更しておく必要があります。

それがあまりにも面倒だと思う人や仕事の都合でアドレスを変えられないという人は今契約しているキャリアを継続するのが間違いないかと思います。

キャリア決済を利用する人(キャリアのサービスを利用している人)

Apple Payのような電子マネー系のサービスは格安SIMでも問題なく利用できますが、キャリア決済は使えません。(一部のMVNOを除く)

キャリア決済とは
利用した代金を通信料金とまとめて支払う決済サービスのこと。
クレジットカードを持ってない人やカード番号を入力することに抵抗がある人でも簡単に利用できます。
キャリア決済はキャリアによってサービス名が異なり、docomoは「ドコモ払い」、auは「auかんたん決済」、SoftBankは「ソフトバンクまとめて支払い」と呼んでいます。

今までキャリア決済を利用していた人は格安SIMに乗り換える際、別の支払方法に変更しなければなりません。

主にクレジットカード、プリペイドカード、コンビニ払いがキャリア決済の代わりになる支払い方法です。

動画見放題・雑誌読み放題などのコンテンツであれば、キャリアに依存しないHuluや楽天マガジンなどに乗り換えれば、格安SIMでも問題なくサービスを利用できます。

ちなみに、dTVやdマガジンやdポイントなどはdocomo以外のユーザーでも利用可能で、docomo回線をやめてもこれらのサービスを継続することができます。(手続きが必要な場合あり)

dTVは月額500円で12万もの膨大な数の作品が見放題なので、僕も以前気に入って利用してました。

スマホから携帯電話番号で長電話する人

格安SIMは大手キャリアが提供しているサービスとは違い、必要最低限のサービスのみ提供することで低価格を実現しています。

大手キャリアは電話かけ放題プランが当たり前かもしれませんが、格安SIMの基本料金に電話かけ放題は入っておらず、別途オプションで付ける必要があります。

また、格安SIMのかけ放題は回数無制限でも、10分以内など時間的制約がある場合がほとんどです。

こまめに電話をかけ直せば格安SIMのかけ放題でも問題ないと思いますが、ついつい夢中で話しすぎてしまう人やこまめに電話を切るのが面倒な人は大手キャリアの電話かけ放題サービスを利用したほうが良いです。

電話するけど格安SIMにしたい場合は、LINEの無料通話、かけ放題のオプションを追加(長電話はしない)などの対策をとれば大丈夫です。

mineoなら専用のアプリ「mineoでんわ」から電話をかければ、通常20円/30秒のところ、53%OFFの10円/30秒で利用できます。

LINEのIDを検索するだけで友達を追加できるの便利な「ID検索」ですが、2012年から契約キャリアでの年齢確認が必要になりました。

多くの人が愛用していたID検索は大手キャリアのマイページにログインしなければ使えません。

ID検索の代わりになるLINEの友達追加方法は4つあるんですが、詳しい話は別の記事で紹介します。

★記事★

実はLINEモバイルとワイモバイルの2つの格安SIMだけは年齢確認できるので、問題なくLINEのID検索が使えます!(18歳以上であることが大前提です)

いつでもどこでも対面サポートを受けたい人

最近ではサポートが充実している格安SIMも増えてきましたが、格安SIMは依然として自己解決主義です。

勿論、プログラミングのような高度な技術は不要ですが、マニュアルに従って自分で設定や手続きしなければなりません。

大手キャリアのようにキャリアショップの販売員さんに丸投げすることはできないので、なんでもかんでも全て人任せにしたい場合は格安SIMよりも万全のサポートが受けられる大手キャリアの方が良いでしょう。

海外でもそのままスマホを使いたい人

残念ながら格安SIMは、海外でデータ通信することができません。

海外でも日本で契約したままのスマホを使いたい方は国際ローミングに対応している大手キャリアの継続利用がおすすめです。

国際ローミングとは
契約しているキャリア(通信事業者)とは異なる現地キャリアのネットワークを経由して通信を行うこと。
キャリアによって国際ローミングできる国や地域は異なるので、契約しているキャリアが渡航先で国際ローミングが可能か事前に確認しておく必要があります。
実はdocomoauSoftBankの他にワイモバイルも国際ローミングに対応しています。

海外対応のWi-Fiを契約して持ち込んだり、現地のSIMカードを別途用意すれば大手キャリアでなくともデータ通信は可能ですが正直面倒です。

まとめ:格安SIMは多くの人に向いてるけど、向いてない人もいる!

最後にこの記事のポイントをまとめました。

まとめ
  • 月額料金を安くしたい人は格安SIM
  • 電話が少なく、主にLINEで済む人は格安SIM
  • Wi-Fi環境が身近にある人は格安SIM
  • 初スマホ / 高齢者 / 子供は格安SIM
  • お金に余裕があるなら大手キャリア
  • データ通信の速度・品質が重要な人は大手キャリア
  • 長電話する人は大手キャリア
  • キャリアサービス(キャリアメール・キャリア決済など)を利用したい人は大手キャリア
  • サポート重視の人は大手キャリア
  • dTV、dマガジン、dポイントはdocomo以外のユーザーでも利用可能

もっちゃん

やっぱ全員に格安SIMがおすすめというのは嘘だったんだね
そりゃそうよ!そーゆーサイトには気をつけてね

マサフジ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA