メルカリは古物商の許可が無ければ出品できないのか

ヤフオクやAmazonよりも手軽に出品できるとフリマアプリの「メルカリ」が最近は非常に人気です。

メルカリはシンプルな取引の流れで評価までが簡単なため私自身も以前はよく利用してました。

 

「メルカリの仕様が大幅に変更」のニュースがメルカリユーザーに衝撃を走らせた事が記憶に新しいかと思います。

また、ニュースで超人気アイドルグループのチケットを高値で転売したとして、古物営業法違反で女性(25)が逮捕されたのも衝撃でしたね。

 

今回は「メルカリは古物商の許可が無ければ出品できないのか」について考えてみたいと思います。
メルカリだけでなくフリマアプリやサイトを利用してせどりをするには古物商の許可が必要なのか調べてみました。

 
 

古物商とは?

古物商の許可と言っても、そもそも古物商とは何なのでしょうか。
そこで、古物商とは何かについて私なりに調べてみました。

 

古物商(こぶつしょう)は、古物営業法に規定される古物を、業として売買または交換する業者・個人のことである。
なお、古物をレンタル、リース等する場合であっても、顧客に貸与し、または顧客から返還を受けることが同法の「交換」に該当し、古物商に該当する。

 

Wikipediaより

 

といった意味らしいです。
物凄くシンプルに言うと「中古品を売買する個人や法人などの業者のこと」のようです。

 

私自身メルカリで不要になった中古品を売ってましたので、古物商の意味を聞いた感じだと私も古物商に該当するような気がしました。

 
 

古物商の許可を必要とする場合と不要な場合の線引

一言で古物の売買と言っても、その取引内容などによって該当しない場合もあるようです。

 

古物商の許可が必要な場合

  • 古物を買い取りして売る
  • 古物を買い取りして修理等してから売る
  • 古物を買い取りして分解し、使える部品等を売る
  • 古物を別の物と交換する
  • 古物を買い取りしてレンタルする
  • 古物を買い取らないで、売った後に手数料を貰う(委託売買)
  • 上記のことをネット上で行う場合

 

古物商の許可が不要な場合

  • 自分で使用することを目的として購入した物を売る(転売目的で購入した場合は含まない)
  • 自分の物をフリマアプリやオークションに出品する
  • タダでもらった物を売る
  • 相手から手数料等も回収した物を売る
  • 一度売った相手から物を買い取る
  • 自分が海外で買ってきた物を売る(他の輸入業者が輸入したものを国内で買って売る場合は含まない)

 
 

メルカリでの出品に古物商の許可は必要なのか

経済産業省は「インターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドライン」の策定についての名目で以下のように定めていました。

 

簡単に言うと「ネットオークションやフリマアプリ等の場合、一ヶ月間に100~200点以上の商品を新規出品している・特定のカテゴリーにおいて商品を規定数以上出品している等が該当する場合古物商の許可が必要となるケースがあるよ。」とのことです。

 

個人で使用していたものをメルカリなどで売る場合は必要ないようですが、転売目的で商品を購入し販売する場合は必要らしいです。
ですので、利益を目的とした「転売(せどり)」は古物商の許可が必要になります。
副業として転売(せどり)ビジネスをしたいと思ってる方は古物商の許可を取得しておくと良いと思います。

 

古物商の許可を取得する方法はこちらの記事で紹介してます。

 
 

金券屋などはチケット転売してるけど違法じゃないの?

金券屋でチケット転売はよく見かけるけど、あれな違法じゃないのか?と思われた方もおられるかと思います。

 

金券屋は古物商の許可を取得しているため、違法ではなく合法のようです。
チケットの転売が許される古物商の許可を金券屋は取得していたようですね~。

 

ですが、ライブ会場付近などでよく見かけるダフ屋(転売屋)は古物商の許可を取ってない場合が多いため違法のようですよ。
購入する側としてもそのような人や業者達からは買わないようにしましょう!

 
 

メルカリでのチケット転売事件で女性は何故逮捕されたのか

メルカリで超人気アイドルグループのチケットを転売したとして女性が逮捕されてますが、何がまずかったのでしょうか?

 

実はこの女性、古物商の許可を取得してなかったようで…
尚且つ不当な価格で取引していたので逮捕されたようです。

 

最近ではチケットの転売対策を様々なアーティストや運営側が実施しているようですので、チケット転売は少しずつ勢いを落としていってます。
とりあえず、メルカリなどのフリマアプリやヤフオクなどのオークションで転売(せどり)ビジネスを少しでも考えてるなら古物商の許可を取得して間違いはないと思います。

 
 

まとめ

なるほど~。
単に自分が使ってた不用品を売る場合は古物商の許可が不要だけども、転売する場合は許可が必要になるのか。

 

調べてみて勉強になりました!
自分もいずれ本格的な転売ビジネスをしてみたいから古物商許可証を取得したい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA