テザリングとは何か分かりやすく解説!種類やメリット・デメリットや設定方法も紹介

この記事でわかる事

もっちゃん

外出先でノートPC使いたいんだけど、ポケットWi-Fiとか持ってないしどうしよう…
そんな時役立つのが『テザリング』 格安SIMユーザーのもっちゃんは無料で利用できるよ

マサフジ

やほー!1年間もテザリングをデザリングと言い間違えてたマサフジ()です。

スマホ1台で外出先でもノートパソコンやタブレット端末、ゲーム機をインターネットに接続できる「テザリング」という機能はご存知でしょうか?

テザリングは大手キャリアは有料ですが、格安SIMは無料かつ申込不要で利用できます。

この記事では、「そもそもテザリングって何?」「テザリングのメリット・デメリット」「テザリングに関する便利なアプリ」などテザリングについてわかりやすく解説します。

格安SIMユーザーや格安SIMを検討している人には必見の内容です!

テザリングとは?

テザリングとはデータ通信を利用して他の端末をインターネットに接続すること

テザリング(tethering)とは、スマホなどをルーターとして使い、Wi-Fiに対応しているPCやタブレットやゲーム機などをインターネットに接続することです。

最近ではテザリングすることを「インターネットを共有する」と言ったりしますが、正確にはiPhoneやiPadなどのApple系の端末で行えるテザリング機能を「インターネット共有」と言います。

テザリング機能を搭載したスマホが1台あればWi-Fiスポットの代役になるので、全国のデータ通信が可能なエリア内ならスマブラなどオンライン対戦できます。

日本でテザリングは2012年9月から始まった

今となっては欠かせないテザリングですが、日本では2012年9月にiPhone5が発売されてからサービスが提供されました。

テザリング自体はそれよりも昔の2009年、iPhone3GSからUSBかBluetoothのテザリング機能を搭載。

最もメジャーなWi-Fiテザリングは2010年から搭載されました。

テザリングという機能自体はiPhone5以前からあったんですが、iPhone4sを販売していたSoftBankとauはテザリング機能を無効にしていました。

参考 日本でテザリングはいつから始まったのか?iSchool

テザリングの方法は「Wi-Fiテザリング」「Bluetoothテザリング」「USBテザリング」の3種類

テザリングは「Wi-Fiテザリング」「Bluetoothテザリング」「USBテザリング」の3種類があります。

それぞれ、通信速度やバッテリー持ちなど特徴が異なります。

【表準備中】

Wi-Fiテザリングの特徴

Wi-Fiテザリング 接続図

出典:テザリングとは│NTTドコモ

Wi-Fiテザリングはルーターとなるスマホと、PCやゲーム機などを「Wi-Fi」でインターネットに接続します。

Wi-Fiテザリングは一番メジャーな方法で、同時に複数の機器を繋げられるのが特徴です。

主に、素早くサクッとテザリングしたい時や複数機器を同時に接続したい時に使います。

メリット
  • 無線
  • 同時に複数の機器を接続できる
  • 対応する機器が豊富
デメリット
  • バッテリーの消費が激しい
  • データ通信量を多く消費する
  • セキュリティ面が弱い
  • 電波の干渉を受けやすく、色々な電波が飛び交っている場面では速度が遅くなる場合がある
  • 他人のスマホのWi-Fi欄にも自分のスマホの名前が表示される

Bluetoothテザリングの特徴

Bluetoothテザリング 接続図

出典:テザリングとは│NTTドコモ

Bluetoothテザリングはルーターとなるスマホと、PCやゲーム機などを「Bluetooth」でインターネットに接続します。

Bluetoothテザリングは一番使用頻度が少ない方法で、圧倒的にバッテリー消費が少なく、通信速度が遅いのが特徴です。

主に、スマホのバッテリーが少ない時やテキスト主体のライトなコンテンツを利用する時に使います。

メリット
  • 無線
  • バッテリー持ちが圧倒的に良い
  • 1対1で接続するのでセキュリティ面で優れている
  • パスワード設定不要
デメリット
  • 3つの中で最も通信速度が遅い(1Mbps程度)
  • 同時に複数の機器を接続できない
  • 対応する機器が少ない(親機も子機もBluetoothに対応している必要がある)

USBテザリングの特徴

USBテザリング 接続図

出典:テザリングとは│NTTドコモ

USBテザリングはルーターとなるスマホと、PCやゲーム機などを「USB」でインターネットに接続します。

USBテザリングはUSBケーブルが必要な方法で、圧倒的に高速なのが特徴です。

主に、PC1台をインターネットに接続する時や重いデータ(動画視聴やダウンロード等)を扱う時に使います。

メリット
  • 3つの中で最も高速で安定している
  • スマホのバッテリーを気にせず使える
  • 有線で接続するのでセキュリティ面が非常に優れている
デメリット
  • 有線なのでUSBケーブルが必要
  • 同時に複数の機器を接続できない
  • 基本的にパソコンでしか使えない

「デザリング」は間違い!「デ」ではなく「テ」

よく勘違いしている人がいらっしゃいますが、はデザリングではなくテザリングです。

濁点はつきません!

かく言う僕も高校1年生から2年生にかけての1年もの長い期間テザリングのことをデザリングと言ってたんですけどね…

「縄や鎖でつなぐ、連結する」という意味の動詞『tetherテザー』にingをつけた動名詞『tetheringテザリング』が語源になっています。

僕は友達に指摘されて恥ずかしい思いをしたので、今まで「デザリング」「ディザリング」と言い間違えてた人はこの際、こっそり「テザリング」と脳内で覚えておきましょう。

テザリングのメリット

クリックできるよ!

専用端末不要で荷物が増えない

テザリングはスマホ1台あればできます。

モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)だと専用端末を持ち歩く必要がありますが、テザリングはいつも持ち歩いてるスマホ以外は不要なので荷物が増えず身軽です。

設定・利用が簡単ですぐできる

テザリングは複雑な設定など一切不要です。(一部のAndroid端末を除く)

iPhoneであれば設定 > インターネット共有 > インターネット共有をオンのたった3ステップでテザリングが利用できます。

格安SIMなら無料かつ申込不要でテザリングが利用できる

以前は大手キャリアでも無料でテザリングが利用できましたが、最近は月額500円のオプションへの加入が必要になりました。(プランによっては無料で利用可)

ただでさえクッソ高い大手キャリアがテザリングを利用するのにお金をとるなんて少し不満ですよね。

格安SIMなら無料かつ申込み不要でテザリングが利用できます。

テザリングのデメリット

クリックできるよ!

データ通信量を消費する

テザリングはデータ通信量を消費します。

例えば、2台のスマホをテザリングで接続すれば、親機のスマホ1台と接続したスマホ2台の計3台分のデータ通信量を消費します。

何気なくボーッと動画を流すとデータ通信量をすぐ消費してしまうので、月2GB程度と少ないデータ通信量で契約してる人は注意しましょう。

テザリングをするなら大容量プランを契約するのが無難です。

『フリーWi-Fi』を活用すれば月々のデータ通信量をおさえられるよ!

マサフジ

バッテリーを消費する(USBテザリング以外9

テザリングはデータ通信量のみならず、スマホのバッテリーも消費します。

USBテザリングの場合はスマホに給電しながらテザリングを行うのでバッテリー切れの心配はありませんが、Wi-Fiテザリングはバッテリー消費が大きいのでバッテリー残量を気にしながら使わなければなりません。

USBテザリング以外の方法で長時間テザリングをする場合は、モバイルバッテリーを必ず持ち歩くようにしましょう。

スマホの機種や回線によってテザリングできない場合がある

テザリングは機種や回線によってはできない場合があります。

また、テザリングできない端末はMVNOごとに異なるので注意が必要です。

MVNOとは
通信設備を借りてサービスを提供している通信事業者のこと。
大手キャリア(docomo、au)など通信設備を持つ通信事業者を「MNO」といいます。
MVNOはMNOから通信設備を借りて運営しています。
MVNOのサービスは、大手キャリアよりも安い価格で利用できることから「格安SIM」と呼ばれています。

格安SIMでテザリングをしたい場合、各MVNOのホームページの「動作確認済み端末」でテザリングの可否を必ず確認しましょう。

不可能を可能にする!Android端末でテザリングするためのアプリ

以下3つのアプリいずれかを使えば、標準ではテザリングができなかったAndroid端末でテザリングが可能になります。

しかし、これらのアプリを使ってもOSのバージョンや機種などの理由でテザリングできない場合があります。

もしアプリを使ってもテザリングできない場合は、端末を買い替えましょう。

(iPhoneはiPhone5以降、テザリング機能が標準搭載されてます)

TetherSetting – 無料のテザリングアプリ –

TetherSetting - 無料のテザリングアプリ -

TetherSetting – 無料のテザリングアプリ –

noboruposted withアプリーチ

TetherSettingは接続に必要なSSIDやパスワードが変更でき、操作画面も日本語なのでテザリング初級者の人におすすめのアプリ。

設定も簡単で、すぐにテザリングできます。

テザリングの種類は「Wi-Fiテザリング」のみです。

PdaNet+

PdaNet+

PdaNet+

June Fabrics Technology Inc.posted withアプリーチ

PdaNet+はスマホとテザリングしたい機器、両方の端末にインストールしてBluetoothでペアリングするだけでテザリングできるアプリ。

テザリングの種類は「Wi-Fiテザリング」「Bluetoothテザリング」「USBテザリング」です。

Easy Tether Lite (No root)

Easy Tether Lite (No root)

Easy Tether Lite (No root)

Mobile Streamposted withアプリーチ

Easy Tether Liteは上記2つのアプリ同様、Android端末でテザリングを可能にするアプリ。

最近ではレビューがめっきり投稿されなくなってしまったのが少し気になりますが…

テザリングの種類は「Bluetoothテザリング」「USBテザリング」です。

Androidアプリ「テザリング設定ショートカット」でテザリングを瞬時にON/OFF

テザリング設定ショートカット

テザリング設定ショートカット

AsianProGamerposted withアプリーチ

テザリングを標準搭載しているAndroid端末のテザリング設定画面を呼び出すショートカットアプリ。

ショートカットするだけのシンプルなアプリなので容量は軽く、時間や手間の短縮になるので非常におすすめです。

使い方は物凄く簡単!アプリをタップするだけ。

僕はNexus5を使ってた時、このアプリをインストールして毎日愛用してました。

まとめ:

最後にこの記事のポイントをまとめました。

まとめ
  • テザリングとはデータ通信を利用して他の端末をインターネットに接続すること
  • 日本でテザリングのサービスが提供されたのは2012年9月から
  • テザリングの方法は「Wi-Fiテザリング」「Bluetoothテザリング」「USBテザリング」の3種類
  • デザリングは間違い、正確にはテザリング
  • 格安SIMなら無料でテザリングを利用できる
  • テザリングは専用端末不要や簡単などのメリットがある
  • テザリングはデータ通信もバッテリーも消費するデメリットがある
  • MVNOごとにテザリングできない端末は異なる
  • 標準でテザリング機能が搭載されてないAndroid端末でテザリングを可能にするアプリがある
  • Androidアプリ「テザリング設定ショートカット」はテザリング設定画面へ瞬時にアクセスできる

もっちゃん

お~これは便利すぎる機能だ!
覚えておいて損はないよ

マサフジ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA